連合大阪 連合

改正育児・介護休業法2017年1月施行
就業規則の変更を!

キャラクター「わおん」 今年1月に改正育児介護休業法、男女雇用機会均等法が施行された。先日、連合大阪労働関係セミナーで、このことについて連合大阪法曹団の奥山弁護士より講演を受けた。

  改正の目的は、妊娠・出産・育児や家族の介護が必要な時期に、男女とも離職することなく働き続けることができるように、仕事と家庭が両立できる社会の実現を目指し、雇用環境を整備することである。概要については、下記HPを見てほしい。

 法改正されても就業規則の改正をしなければ適用はされないので労使協議し、就業規則の改正をすることが必要である。

 ぜひ、この機会に会社の就業規則の変更や社員に周知徹底をお願いしたい。

 改正の内容については、下記HPをご参照ください。

相談風景1

連合大阪労働関係セミナーの様子

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

非正規労働センターNews

RSS2.0

最近のお知らせ

間接雇用労働者に向けた取り組み事例集

カウンター (2009年4月〜)